ホーム » 情報セキュリティ基礎

情報セキュリティ基礎

【授業のねらい】
様 々な理工学分野の手法が利用される情報セキュリティの基礎知識やそれを取り巻く問題を学ぶ。講義の前半では,各分野と情報セキュリティとの関わりや,安 全,安心,保安といった,より広く捉えたセキュリティに関する技術や話題を紹介する。後半では,特にこれからの学習や研究に際して必須となる,情報システ ムを利用する上でのセキュリティ技術の背景,そして現在の情報セキュリティやモラルに関する最新動向についても学ぶ。
【到達目標】
・情報セキュリティの目的と考え方を理解し,その重要性を認識した上で説明できること。
・いろいろな種類の脅威があることを知り,その被害に遭わないための対策技術の概略を説明できること。
ITのユーザとして知っておかねばならないセキュリティの基礎的な知識を身に付け,これらを説明できること。
【授業概要】
第1週(松尾) 暗号通信システムのしくみと概要について解説する。資料
第2週(松尾) 自動化機器のセキュリティ対策について解説する。資料
第3週(秋田) 音声認証と情報セキュリティ対策について解説する。
第4週(小林) 防災と減災と情報セキュリティについて解説する。
第5週(田中) 整数論と情報セキュリティについて解説する。
第6週(近藤) 物理的セキュリティについて解説する。
第7週(平田) 化学工学における情報セキュリティについて解説する。
第8週(吉田) 情報ネットワークにおける脅威1(盗聴,なりすまし)について解説する。
第9週(吉田) 情報ネットワークにおける脅威2(改ざん,クラッキングなど)について解説する。
10週(吉田) 情報ネットワークにおける脅威3(マルウェア,サイバー攻撃など)について解説する。
11週(池部) 脅威からシステムを守るための技術1(公開鍵基盤など)について解説する。
12週(池部) 脅威からシステムを守るための技術2(SSL,SSHなど)について解説する。
13週(七條) 情報社会の現状と情報モラルについて解説する。
14週(七條) 情報セキュリティ事故の現状と対策について解説する。
15週(七條) 情報社会における人権問題と対策について解説する。